宅配便で預けるトランクルーム ヨドクラウド物置
物置の淀川製鋼所(ヨドコウ)が提供する収納・保管サービス

知って納得!収納のコトTips of Storage

モノをむやみに増やさないために

モノをむやみに増やさないために

キッチンはとってもモノ・アイテム数が多い場所。消耗品も多いので、ついついストックも増えがち。モノをむやみに増やさないようにするためには?

散らかる原因

日々人が暮らす基本…衣食住。

豊かになるにつれ、それにまつわるたくさんのモノが動いています。

洋服を着ては洗濯し収める。食事を作り片付ける繰り返しです。
人が動くのと同じようにモノが動きます。人とモノとの関係は切っても切れない関係です。

そして気が付けば収めきれないモノが人の居場所まで奪っています。

よくある「収納が少ないからチェストを買った」は、置き家具を増やし部屋が狭くなる…
悪循環のスタートです。

では、モノをむやみに増やさないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?
 

モノの場所を決める

キッチンなど限られた場所のモノの持ち方を考えてみましょう。

キッチンは実はとってもモノ・アイテム数が多い場所です。食品、食器、火の回りで使うモノ、水回りで使うモノなど。消耗品も多いので、ついついストックも増えがちです。

「安い時に多めに買った」「収納場所がないからラックを購入」となると、貴重なスペースは減り、収めきれないストックは押し込んだり、床置きになったりと、散らかっていくばかりです。

気が付けば賞味期限が切れているということにならないよう、100円グッズなどかごを使って品目ごとに分けてみましょう。

そして使う場所に収納します。

かごに入れることにより、カゴに入る分だけ持つ!入る量を定量としてそれ以上増やさない目安にします。

また、場所に合ったカゴを配置することで一度決めた定位置を崩しません。きちんとラベルを貼って誰もが出しやすく戻しやすい、守れるルールを作ります。
 

モノをむやみに増やさないために、モノの量を知り、管理する仕組み作りをしてみましょう。

カゴに並んだストックは、パッと見て全体の量を把握できるので買いすぎ、買い忘れを防ぐことができます。

使う頻度は高くないものの、イベントや季節行事などで使う、持っていないと不便なものの保管はどうしたらいいでしょうか?

かき氷機やお正月のセット(重箱・おとそ)また、今使っている食器は家族分で十分。
お客様用などで取っておきたいストックの食器など頻度が低い、シーズンオフに使わない調理家電やキッチングッズは貴重な使える収納スペースに置いておく必要はありません。

一度見直し台所には使いやすく必要なモノを収め、今使わないモノは思い切って預けてみるのも1つの手段です。
ただし、台所で使うモノは保管の仕方も重要です。

例えばお重箱などは、湿気の多い場所や乾燥しやすい場所での保管は不向きと言われています。

ヨドコウのクラウド物置サービスなら、温度・湿度の管理が行き届いた倉庫で保管され、期間やスペースも使った分を払うだけ。

しかも自宅に居ながら宅配便で出し入れでき、必要な時には最短で翌日には手元に戻って来るので、保管場所の一つとして有効活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • モノの多い場所ほどかごを使って定位置を作りましょう。
  • ストック数を見て分かるようにすることで買いすぎ、買い忘れも防ぎます。
  • かごにはラベルを貼ってルールを【見える化】しましょう。

この記事を書いた人
整理収納アドバイザー・お片付けコンシェルジュ
インブルーム株式会社
角一 まり子

ヨドクラウド物置とは?


宅配便(送料無料)で送るだけ!
Webで簡単申込み!
安全・安心な収納・保管サービス

「ネットで購入」→「受け取る」→「詰める」→「送る」だけで収納問題解決!
物置のヨドコウが提供する安全・安心な収納・保管サービスです。

詳しい使い方を見る

この記事に関連するタグ