宅配便で預けるトランクルーム ヨドクラウド物置
物置の淀川製鋼所(ヨドコウ)が提供する収納・保管サービス

知って納得!収納のコトTips of Storage

ご存知ですか?トランクルーム・レンタル収納の契約までの流れや契約に必要なもの

ご存知ですか?トランクルーム・レンタル収納の契約までの流れや契約に必要なもの

トランクルームなどの保管サービスを利用する際に必要な、「賃貸借契約」「寄託契約」。文字だけを見れば面倒そうですが、違いはあるのでしょうか?

以下に掲載する内容に関しては、一般的な収納関連サービスを調査し、その一例として挙げております。当社、及び他社サービスの内容などは2017年7月現在のものであり、今後、サービス内容等は変更される場合がございますので、予めご了承ください。

また、トランクルームとレンタル収納スペースの違いについてはこちらをご覧ください。

レンタル収納を契約

 

レンタルボックス、レンタル物置、屋内型収納スペースなどのレンタル収納を利用する際には、収納する場所を借りる「賃貸借契約」を、運営会社と結ぶ事になります。 

当然ながら、希望の場所や広さがあったとしても、空きがなければ、

・空くまで待つ(運営会社の空き待ち登録するなど)
・別の広さのスペースを借りる
・別の場所、もしくは別の運営会社を探す など

となり、自宅から遠い、予算オーバー等になる事も考えられます。

では、希望する場所に「空き」がある場合、利用開始まではどの様な流れになるのでしょうか?レンタル収納を運営する大手3社が公開している情報を元に、利用開始まで流れと必要なものを簡単にまとめてみました。
 

レンタル収納の利用開始までの一般的な流れは、

問合せ/施設の見学 → 利用申込み/審査 → 鍵(カード)受取り → 利用開始
 
となりますが、web申込みや、見学~当日申込み/利用開始に対応する運営会社もあり、急ぎの場合には、利用開始までの時間を短縮する事ができます。
 
施設見学後、当日申込みをする場合には、免許証などの身分証明書や印鑑は必須で、月々の利用料金は口座振替が一般的な支払い方法の様なので、通帳(キャッシュカード)や銀行届出印も基本的には必要と考えておいたが良さそうです。

それ以外では、携帯電話(当日、通話確認)や本人以外の連絡先(親族限定の場合もあり)が必要で、事前に必要なものを確認しておいた方が、書類不備で再来店といった事態は避けられそうです。
 
また、契約時には初期費用も必要となります。初期費用の内訳としては、初回利用料、事務手数料や鍵の諸費用などがあり、初回利用料は1ヵ月目(利用開始日から月末まで日割り)+次月分(1か月分)で最大約2ヵ月分が必要となります。今回調査した運営会社では必要ありませんが、敷金・礼金が必要な運営会社もあります。
 

トランクルームを契約

モノを預けるトランクルームでは、国土交通大臣の認定を受けた運営会社と「寄託契約」を結ぶ事になります。利用開始までの流れや手間暇、契約時に必要なものなどは、「賃貸借契約」と大きな差はなく、契約までの流れもほぼ同じです。

契約の際、レンタル収納と違う点として、

寄託価額(預けるモノの時価価格)の申告

があり、申告のうえ、決定された寄託価額が、万が一の際の補償金額の上限となります。
レンタル収納も、火災保険などが付保されていれば、万が一の際、補償の対象物品は上限金額までは補償される事になりますが、何を保管するかは規約の範囲内で自由で、補償があるとは言え、物品の管理は自己責任となります。

契約時の初期費用は、運営会社によってバラつきがあり、保管料前払いや保証金(荷物返却時に返還)、また預け入れ時に入庫作業料が必要な場合もあります。

特に保管料は、個数単位、容積単位などの預かり単位や、月額や三期制(1ヵ月を10日づつに分け、期ごとの保管料)などの計算方法の違いにより、見え方が違ってくる為、金額が一室いくらと明確な収納スペースよりは分かりづらく、事前に見積依頼をした方が、契約時に想定外の金額になったという様な事態は避ける事ができそうです。 

同じトランクルームサービスでも、主にインターネットを使って申し込む、宅配型トランクルーム(ヨドクラウド物置など)の場合、基本、店舗がない分、料金の明確化、手続きの簡素化(寄託価額の上限を予め設定など)がされています。 

利用開始までは、

・専用ページやアプリで、必要事項(氏名、住所、クレジットカード情報など)を入力
・保管用ボックスを購入(手持ちのボックス可の運営会社もあります)し、詰めて送り返す

と、比較的簡単に始める事ができ、「モノを預かる」というトランクルームの基本部分は全く同じです。初期費用もボックス購入費用程度で済み、倉庫へ送付しなければ、保管料は発生しません。
 

まとめ

最後に、レンタル収納とトランクルームの契約の際に必要な物を、一覧表にまとめてみました。



契約~利用開始までの手間暇や、契約時に必要なものに大きな差はなく、預けるモノの価値とその補償を考慮し、自分にあった収納サービスを選択して、収納問題を解決しては如何でしょうか?

ヨドクラウド物置とは?


宅配便(送料無料)で送るだけ!
Webで簡単申込み!
安全・安心な収納・保管サービス

「ネットで購入」→「受け取る」→「詰める」→「送る」だけで収納問題解決!
物置のヨドコウが提供する安全・安心な収納・保管サービスです。

「詳しい使い方」を見る

「詳しい詰め方」を見る

「料金プラン」を見る

この記事に関連するタグ